トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

バーニャカウダ ~Bagna Cauda~

Bagna_cauda

先日母が新潟で雪下人参なるものを買ってきて、これは生で食べなければもったいないということでバーニャカウダでいただきました。

バーニャカウダとは‘温かいソースで’という意味だそうです。野菜がモリモリ食べられるのでとても健康的です。

バーニャカウダソース 作り方

B1

①ニンニクの皮を剥き、芯を除去する。

②水を入れた鍋にニンニクを入れ沸騰したらお湯を捨てる。これを3回繰り返す。

③鍋に牛乳を入れてニンニクを入れ沸騰したら牛乳を捨てる。

これでニンニクの臭いと辛みがだいぶ和らぎます。

B2

④ニンニクをブレンダーかフードプロセッサーなどでペースト状にする。

⑤ニンニクの重量の1/3のアンチョビペーストを加えよく混ぜる。

この状態で小分けしておき冷凍しておくと、食べたい時にすぐ食べれて便利です。

⑥ ⑤のペーストに生クリームを加えてのばし、鍋で加熱し仕上げにエクストラバージンオイルを加える。

⑦チーズフォンデュの容器があれば、ソースを加熱しながら野菜をつけて食べると最高です。我が家では鍋で加熱しながら少量ずつココットに入れて食べています。

キュウリ・人参・セロリなどは1年中ありますが、冬場ならば紅芯大根や辛味大根などの大根類・夏場はオクラ・水ナスなど季節折々の野菜を加えると彩りも鮮やかになります。野菜不足の方は是非お試しください。

TaroChef

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ラム ~Rack of Lamb~

Lamb1

今回はフレンチの定番ラムをご紹介します。

オーストラリアでは非常に安価で手に入れることができた記憶がありますが、日本ではちょっと贅沢な素材ですね。

ラムは独特の臭みがあり日本では敬遠する方もいらっしゃいますが、ラムの独特の臭いは脂の部分から出ているので、丁寧に脂や骨の周りを掃除すると上品なラムの肉を堪能できると思います。

ラムは骨が8本程度ついたフレンチラックを購入しましょう。ラムチャップになっている物は火の通し方が難しいです。

まずラムは外側の脂をはがし、さらに骨の周りを包丁の背で掃除します。

Lamb2

さらに余分な脂を丁寧にトリミングしていきます。

ラムに軽く塩・胡椒し、熱したフライパンに油を引いて表面に焼き色をつけます。

焼色がついたら180℃のオーブンで約15分。その後バットに移してホイルをかけて湯煎で10分加熱します。オーブンから出してすぐに切ると、中心はまだ赤く肉汁が飛び出してきますが、湯煎をすることにより中が均一にピンクに仕上がります。

ソースはベーシックにフォンドボーを煮詰めて作りました。ガロニはマッシュポテト・きのこのソテーに蓮根チップスを添えてみました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

休日の朝

金曜日の夕方、近所のケーキ屋さんにケーキを買いに行こうとすると、すごい人だかりが。何かと思うと大型スーパーのオープンでした。

人参3本で78円、ブロッコリー1個78円、安っ!!!

なんと夕方の半額セールで生ウニが1パック298円。しかもまったく水も出てないし色目もきれい。これはと思い購入し、土曜日の朝TaroChefにウニ丼を作ってもらいました。

刻み海苔を敷きつめたご飯にウニを目一杯のせ、酒・醤油・昆布だしを吉野葛でとろみをつけたタレをかけて、ワサビと浅葱を添えていただきました。

TaroChefはちょっとミョウバン臭いと言っていましたが、ウニの濃厚な甘みを朝から堪能できて大満足でした。

Namakemono店長

Uni

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トルティーヤ ~Tortilla~

記念すべき第一回。”世界のレシピ”などと大げさなタイトルをつけてしまったので、各国の料理を紹介しなければと勝手に追い込まれています。

第一回目はメキシコ料理フラワートルティーヤをご紹介します。

Roll_2

フラワートルティーヤ レシピ(4~5枚分)

薄力粉  160g 
強力粉  20g 
コーンスターチ  20g 
ベーキングパウダー  小さじ1/2
サラダ油  大さじ1 
ぬるま湯  100cc 
塩     小さじ1

作り方

1.まずは粉を全部ふるいにかけ、ぬるま湯・サラダ油・塩を加えてよくこねる。

2.丸くまとめてボールにラップをして30分程度寝かせる。

3.生地をこねて4~5等分にわけてローラーで丸く伸ばす。

4.テフロン加工など焦げ付かないフライパンを熱し、伸ばした生地を両面色がつくまで焼く。

5.焼きあがったら濡れ布巾や濡らしたペーパータオルではさむ。これをしないと生地が乾いて巻けなくなってしまいます。

Tortilla_3

あとは好きな具を巻いて250℃のオーブンで5~6分焼くだけ。今回はトルティーヤにガーリックマヨネーズを塗って、ケイジャンスパイスで味付けしたチキンとレタス・アボカド・トマト・タマネギ・パプリカ・ハラペーニョ・チーズを入れて巻いて自家製サルサを添えました。

中に巻く具材はピザ感覚でいろいろ試してください。我が家では一度に10枚程度焼いて冷凍保存しておき、朝食や夜のビールのおつまみなどで使っています。

TaroChef

| | コメント (1) | トラックバック (0)

はじめに

     サラリーマンTARO★世界のレシピにようこそ!
みなさま、はじめまして。サラリーマンシェフのTaroChefです。幼い頃から料理が好きで、大学卒業後にコルドンブルーに留学。帰国後レストランで腕を振るうも30歳前にサラリーマンへ転向。現在は家庭で毎日料理をしています。

不況のこの時代、なかなか高級レストランに足を運ぶこともできませんが、家庭でだってそこそこの料理はできちゃうんです。このブログで紹介するレシピはすべて我が家で作った料理です。一応システムキッチンですが、業務用の設備などは一切ありません。

いつまで続けられるかわかりませんが、気づいたら巨大なレシピ集になっていた。という風になればいいなと思っています。ご質問・リクエスト等ありましたら、お気軽にお伝えください。
Tarochef_7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年3月 »